2016年夏発行


未邦訳FFゲームブック

パフィンブックス版第58巻
「吸血鬼の復讐」
原題「Rvenge of The Vampire」

キース・マーティン 著
ノスクカジェイ・エベッツ 監訳



表紙イラスト おかな(おかなのしるし)

吸血鬼ライナー・ハイドリッヒ伯爵甦りたり!

かつてモーリステシアのモルトヴァニア地方を支配した邪悪なヴァンパイアロードであるライナー・ハイドリッヒ伯爵は、ある勇敢な戦士によって倒された。だが、彼は完全には息の根を止められておらず、故国を離れたアナランドの地に潜伏して力を蓄え、捲土重来の機会を狙っていたのだ。
伯爵を追跡する盲目の吸血鬼ハンターの暗殺事件に出くわした事から、主人公の冒険者は事に巻き込まれる。伯爵は広いアナランドの地のどこに潜伏しているのか? 何よりも新たに甦ってパワーアップした伯爵を倒す方法とは?

シリーズ第38巻「吸血鬼の魔城 Vault of the Vampire」の続編がついに翻訳。前作とは違い、広いアナランドの地を舞台にハイドリッヒ伯爵追跡の冒険が始まる!

キース・マーティンの初期代表作「吸血鬼の魔城」の続編にして現時点では最後のゲームブック、ついに日本語訳!

【訳者注】英語原書には極めて多数のバグが存在する為、本書では翻訳の際にそれらを大幅に修正している事を御了承下さい。


【訂正とお詫び】
ゲームマーケット2016神戸にて販売しました「吸血鬼の復讐 原書準拠版」には本文中に重大な抜けがありました。以下に訂正し、お詫びいたします。


・項目番号8番
進み先の指示に「この建物の東翼部を去って西翼部へ向かいたいなら一九七へ。」を追加。

・項目番号399番
進み先の指示に「通路突き当たりへ行き、南へ曲がるか? 一八二へ」を追加。



・ゲーム内容
選択式のアドベンチャーゲームです。番号1番から読み進めて主人公の行動を選択し、指示された項目へ進んで下さい。そうして最終目的を達成すればゲーム終了。最初のうちは敵との戦闘に破れて敗死したり選択を誤って冒険を失敗する事でしょう。その時は再び1番からスタートです。
本書では前作の「心霊点」に加えて「累血点」という新しいシステムが追加されています。


主な登場人物

・主人公「君」
仕事にあぶれた流れの冒険者。ガムポートの宿屋でヘンリックと出会った事から、ハイドリッヒ伯爵を探索する任務を受け継ぐ。

・ヘンリック・ヴァン・デア・タムレン
盲目の吸血鬼ハンター。主人公と知り合ったその日の晩に何者かに暗殺される。

・セウォース
修道院「星々の殿堂」の長老僧の一人。ヘンリックの旧友でハイドリッヒを探索していたが行方不明となる。

・エンドレル
修道院「星々の殿堂」の長老僧の一人。挙動不審な所があるが…?

・マーカス
修道院「星々の殿堂」の長老僧の一人。

・サンダー
修道院「星々の殿堂」の長老僧の一人。行方不明。

・ハークァー
ファーレイの町に住む賢者で、ヘンリックとマーカスに協力していた。

・アナランドの三魔女
ハイドリッヒ伯爵と盟約を結んだ魔女達。

・イバラの騎士の亡霊
大昔に邪悪な吸血鬼長老達と戦った戦士達。アナランド近辺のある場所に葬られている。

・ゲートキーパー
ハイドリッヒにまつわる某所を監視している。

・ドクター・ヴェラッテ
伯爵配下の錬金術師。

・ジークフリート・ハイドリッヒ
ライナーの兄でモルトヴァニアの元領主。かつてライナーに暗殺されてその地位を奪われた。今回もある場所で主人公に助言を与えてくれる。

・カタリーナ・ハイドリッヒ
ライナーの姉。前作でライナーともども冒険者に倒されたはずだが…?

・ライナー・ハイドリッヒ伯爵
モルトヴァニアの元領主であるヴァンパイアロード。前作で領内に圧政を敷いていたが、ある勇敢な冒険者に倒される。だが復活し、今はアナランドのどこかに潜伏して捲土重来を図っている。伯爵の潜伏場所は果たしてどこなのか? そして倒す方法は?